今の環境が辛いなら逃げればいい。前の会社から逃げるように辞めた僕からできるアドバイス




やぶなおです。

今の環境が辛くて辛くて仕方ないと悩んでる人へ

 

あなたは悪くないから、どうか自分を責めないでほしい。

あなたをそうさせているのは、環境です。

 

環境があなたを辛くさせているのです。

 



スポンサードリンク

環境には「相性」がある。

こういうと、「環境のせいにするな!」という人がいますが、環境には相性があると思うんです。

他の人には良い環境でも、あなたには居心地の悪い環境があるんです。

 

だから、環境のせいだとしてもその環境にいる人を責めてはいけない。

その人たちにとっては素敵な環境だからです。

 

では、どうすればいいのか?

 

自分のもう一つの環境を作る。

それは、自分のもう一つの新しい環境を作ることです。

相性が合わないのであれば、自分に会う環境を探せばいいんです。

 

今の環境の人が「逃げるな!」というのも違うし、

あなたが環境を批判するのも違うんです。

人それぞれ環境の相性があって、自分の空気感に合う環境が必ずあります。

 

僕は、前の会社から逃げるように辞めた。

僕は、前の会社を逃げるように辞めました。

適応障害と診断され、あと一歩のところでうつ病になるという診断でした。

 

その診断が出てからは会社に一回しか行っていません。

「辞めます」と上司に伝え、身の回りの片付けをこっそりと済ませ、次の日から逃げるように行かなくなりました。

もちろん、会社の人たちに「ありがとうございました」という別れの挨拶も何もしていません。

逃げるように辞めました。

 

逃げてよかったと心の底から思っている。

今思うことは、逃げてよかった。ということ。

ただ、新しい環境を見つけてから辞めればよかったという後悔が残ったということ。

 

結果的に、前の職場の人たちを裏切ることになってしまいました。

もし、今関わっている仲間たちと会社を辞める前に出会っていれば、もう少し違った形で会社を辞めることができていたのではないかと思うからです。

 

環境が変わると人は変わることができる。

今の環境になって、僕は変わることができました。

飛び込み訪問で人間不信になっていた僕でも、1ヶ月今の環境にいるだけで、克服することができたからです。

やりたいことがないと言っていた僕が、今はやりたいことが多すぎてどれから手をつけていけばいいのかわからないような状態になりました。

 

人は環境から受ける影響がとても大きいのだと身を以て感じました。

 

 

新しいことに誰も挑戦しない環境にいれば、

「新しいことに挑戦すること」が恥ずかしくなります。

 

新しいことにみんな挑戦している環境にいれば、

「何も挑戦しないこと」が恥ずかしくなります。

 

あなたが、悪いのではなくて環境との相性があなたを辛くさせているんだと思います。

だから、まずは今の環境に身を置いたままでいいから、新しい環境に来てほしい。

どこに行けばいいのかわからないのなら、僕のところでもどこでも構いません。

 

あなたが、信用できる人のそばに行けばいいんです。

そして、自分に合う環境が見つかれば、前の環境から次の環境へ完全に移行していきましょう。

信用できる人の言葉を信じて、少しずつ前進していきましょう。

応援してます。

 

一緒に頑張っていきましょう。




▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

やぶなお

リア充ブロガー。新卒入社後、ブラック企業でうつ病手前になった経験から退職▶︎カフェで働き始めるが3ヶ月でクビになる▶︎自分は雇われる側に向いてないことに気づき、フリーランスのブロガー&ライターに転向▶︎月間5万人に読まれるブログで、美人な彼女とのデートプランや日常を発信しながら会社員くらい稼ぐ岡山県在住リア充です。 ■詳しいプロフィールはコチラ ■初訪問の方へ:最初に読んでほしい5記事 ■お問い合わせはSNSからどうぞ。