【どう思う?】カフェを無料開放したい。マネタイズ方法やイメージについて




どうも!オーガニックカフェsoilのやぶなお(@yabnao)です。

 

今回は、相談があります。

カフェの2Fの《無料開放》について、一緒に考えて欲しいんです。(まだ、オーナーに話していない内容です。)

まず、カフェの現状の課題をここでこっそりお話しします。

そして、僕がカフェの2Fを無料開放しようと考えている理由についてお話ししますので、ぜひご意見ください。



スポンサードリンク

現状のカフェの課題

まず、簡単に現状の課題についてお話しさせてください。

オーガニックカフェsoilは岡山県の観光スポット「美観地区」にあるカフェです。

 

お客様のほとんどは観光客の方です。

土日のお昼はかなりの人数が来られますが、平日はほとんど人通りがありません。

夜になると、土日でもゴーストタウンのように人がいなくなるんです。

 

お店の課題は、平日と夜になると全くお客様が入らないという点です。

現状の観光客に頼った経営を続けていると、この問題が解決できないんです。

 

現状を打破するために《無料開放》で人の集まる場所を作る

観光客をターゲットにした運営をしていると、どうしても閑散期や人のいない時間帯に悩まされることになります。

そこで、2Fは《無料開放》をして、地元の人が気軽に集まれる場所にしようと思ったんです。

利用イメージは、

・図書館・コワーキングスペースのように、勉強や作業ができる。(Wi-Fi無料、電源無料)

・プロジェクターを利用した多人数でのゲームや映画鑑賞。

・場所代無料でイベントをすることができる。

 

現在、カフェの2Fは僕たちだけの隠れ家のような場所になっています。

 

バーカウンターもあって、僕たちスタッフがお酒を呑んで楽しんだり、

僕は、そこのバーカウンターでMacbookを開いてブログを書いたりしています。

 

今後は、100インチのプロジェクターを購入して、大画面でスマブラをしようという案が出ています。笑

※イメージ↑

 

何が言いたいのかというと、ずっとここに居たくなるような最高な空間なんです。

ただ、Barを運営するのもいいですが、どうせなら《無料開放》してしまってここで好きなことをしてもらえる人が増えたらいいなと思ったんです。

 

そして、喉が渇いたり、お腹が空いたらBarやカフェを利用してもらえたら嬉しい。

 

お金を払わなくても、気軽に誰でも来れる隠れ家にしたいんです。

 

お店の利益を追求するより、結果的にマネタイズできるのでは?

 

「楽しそうだけど、お金は大丈夫なの?」という声が聞こえてきそうです。

 

でも、「お店の利益を追求するより、結果的にマネタイズできるのでは?」と考えています。

理由は2つあります。

 

《無料開放》に伴うコストが全くかからない。

簡単に言うと、「場所を提供しているだけ」です。

もちろん、プロジェクターを使えば、電気代はかかりますが、微々たるものです。

お店的な損失はないんです。

 

《無料開放》によって、お客様の分母が増える。

前提の考え方はカフェを認知しているお客様(分母)が増えることで、カフェを利用するお客様(分子)が増える。ということです。

現在、美観地区の観光客がうちのカフェのお客様になりうる分母です。

その中で、うちのカフェで飲食がしたい!と思ってくれたお客様が分子です。

 

分母が増えることによって、分子も同じ割合で増えます。

具体例で言うと、

・観光客が多い土日は分母が多いので、お客様が多い。

・観光客が少ない平日と夜は分母が少ないので、お客様が少ない。

 

無料開放をすることで、分母となるお客様が増えます。

 

分母を増やして、カフェを認知してくれるお客様が増えることで、結果的にカフェのお客様が増えるんです。

蔦屋書店の横にあるスタバのように、『ゲーム、映画、勉強、イベント、なんでもできる自由な隠れ家』の横にオーガニックカフェがあるイメージです。

 

ちなみに今回参考にしたこの本たちも、販売戦略で《無料》を取り入れています。

 

『革命のファンファーレ 現代のお金と広告』はキンコンの西野さんから無料でもらって、

キンコン西野さんにラブレターを送ったら、出版前の『革命のファンファーレ現代のお金と広告』の原稿もらったああああぁぁぁぁ!!!

2017.08.19

『FREE《無料》からお金を生み出す新戦略』kindleUnlimited無料で読みました。

 

無料の戦略って実は、たくさんあるんですよね。

僕たちが当たり前のように使ってるGooglemapやGmail、Twitterも無料。

他にも、パズドラ、モンスト、ポケモンGO、どうぶつの森などの入り口は『無料』のアプリ。

 

どれも入り口でお金を取らず、マネタイズのタイミングを後ろにずらしているんですよね。

 

無料のメリットがどれだけ大きいのか。わかっていただけたかと思います。

僕は、この手法をカフェで実験してみたいんです。

 

あなたの意見をぜひ聞かせてほしい。

まとめると、

『入場無料』、『場所代無料』、『Wi-Fi、電源、プロジェクタなどの利用料無料』の隠れ家的スペースを作り、気軽に利用してもらう中でカフェやバーを利用するお客様から料金を頂くという方法です。

 

また、隠れ家に集まる人たちでのコミュニティができると思うので、『スマブラ大会』や『映画鑑賞会』、『季節限定イベント』などの定期的なイベントを通して、継続的にマネタイズできる仕組み作りもしていきます。

 

正直、オーナーにこの話をしてもすぐには納得してもらえないと思います。

こんなカフェは他にはないと思うし、無料という点がオーナー的には『お金を取ろう』という考え方になると思うからです。

ただ、無料にするからこそお客様は喜んで集まるし、結果的にカフェの利益に繋がるWin-Winな考え方だと思うんです。

 

いかがでしょうか??

ぜひ、コメント欄やツイッター、フェイスブックにてシェア、そしてあなたの思うことを教えてくれると嬉しいです。

The following two tabs change content below.
やぶなお
「趣味をお金に変える」をテーマに発信しながら倉敷美観地区の「オーガニックカフェSoil」で働く24歳ブロガー/ブログ4ヶ月目35,000PV、収益8千円/ブログではライフスタイル、ブログ運営、小鳥情報を発信/将来の夢は小鳥カフェを作ること 詳しいプロフィールはコチラ!









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

やぶなお

「趣味をお金に変える」をテーマに発信しながら倉敷美観地区の「オーガニックカフェSoil」で働く24歳ブロガー/ブログ4ヶ月目35,000PV、収益8千円/ブログではライフスタイル、ブログ運営、小鳥情報を発信/将来の夢は小鳥カフェを作ること 詳しいプロフィールはコチラ!