無理にテンションを上げて頑張ることの恐ろしさ。僕はこうしてうつ病一歩手前になった。




岡山でフリーランスをしているやぶなお(@yabnao)です。

僕は、昨年まで会社員で飛び込み営業をしていたんですが、本当に仕事が嫌いでした。

でも、なんとか毎日頑張らないといけない。

 

だから、事前にテンションをあげて仕事に取り組んでいました

それが、自分の精神を徐々に蝕んでいる行為だとは知らずに

 

え?何がおかしいの?と思う方はぜひこれから先を読み進めてください。

僕は結果的にうつ病一歩手前になり、会社を辞めることになりました。

 

今回の記事では、

今辛いことがあるけど、無理して頑張ってる人へ向けて

僕と同じ間違いをしないように、この記事を書きました。

 



スポンサードリンク

嫌な仕事を無理してテンション上げて頑張った結果。

社会人2年目の夏頃、僕は入社した頃の熱意は完全に無くなり、仕事が嫌で嫌で仕方ありませんでした。

でも、仕事はちゃんとやらないといけない。

だから、自分の大嫌いな飛び込み営業に行くために営業車で爆音でロックを聴いてテンションを上げていました

 

自分の大好きな音楽を聴いているときは気分が良くなって嫌なことを忘れられるし、テンションが上がるからです。

そして、営業先の会社に行くギリギリまで音楽を聴いてテンションをあげ、その勢いのままに飛び込み営業をしていました。そうすることで、嫌な仕事も少しはましになっていましたし、トークもテンションが高い時の方がスムーズでした。

 

ただ、営業先から帰る頃にはどっと疲れが来て再び暗い気持ちが戻ってきます

だから、次の日からも頑張るために仕事終わりにカラオケに行って歌いまくりテンションを上げていました

 

その結果、こちらの記事で詳しく書いていますが、いきなり自分の身体に限界が来てしまい、ある朝全身の気だるさでベッドの上から動けなくなり、会社に行けなくなってしまいました。

 

なぜ、いきなり限界が来てしまったのか?

テンションを上げることに何の関係があったのか?

 

その答えは、テンションは必ず下がるものだということ、

無理してテンションを上げすぎると心と身体は気がつかないうちにボロボロになっているんです。

 

テンションは上げると必ず下がってしまうもの

これは、後になってイチハヤ先生という僕がいつも学んでいる先生に教えてもらって気づいたことなんですが、テンションは上がると、必ず下がる性質があるそうです。

 

想像してみてください。

大好きなアーティストのライブや大声を出して盛り上がるフェス、文化祭…

これらのものって、終わったあとに燃え尽き症候群でグンと疲れませんか??

 

これは、テンションをあげすぎたことによる反動なんです。

僕は無理にテンションを上げすぎてしまった結果、どっと疲れが来てしまいました。

自分は当時、良いことをしていると思ってたけど、これも要因だったんだと考えると今後は気をつけないといけないと思いました。

 

僕がうつ病一歩手前になる前の段階がまさにテンションを上げすぎて落ちた例でした。

もし、やる気をあげたいなら、モチベーションの根源を知る必要があります

「自分はどんなことに喜びを感じるのか?」を知る必要があります。

 

テンションとモチベーションは全く別の性質で、テンションは上げ下げするもので波のようなイメージ。

モチベーションは上げ下げするものではなく、深めるものです。

 

自分がどんなことに喜びを感じるのかを考え、その感覚を深めていくことが大切です。

もし、あなたのモチベーションの根源が今の働き方とズレている場合は、今の働き方を考え直すのも視野に入れてみるといいかもしれません。

 

あなたは、無理にテンションを上げてどっと疲れてしまったことはありませんか??

無理に頑張る必要はありません。そんなときは一度自分を見つめ直して考えてみてください。

 




▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

やぶなお

リア充ブロガー。新卒入社後、ブラック企業でうつ病手前になった経験から退職▶︎カフェで働き始めるが3ヶ月でクビになる▶︎自分は雇われる側に向いてないことに気づき、フリーランスのブロガー&ライターに転向▶︎月間5万人に読まれるブログで、美人な彼女とのデートプランや日常を発信しながら会社員くらい稼ぐ岡山県在住リア充です。 ■詳しいプロフィールはコチラ ■初訪問の方へ:最初に読んでほしい5記事 ■お問い合わせはSNSからどうぞ。