プロブロガー・イケダハヤトさんのお金の考え方が心に響いたので聞いてほしい。




まだ労働で消耗してるの?

(言いたかった)

 

会社を勢いで辞めたやぶなおです。

 

みなさん、お金のために仕事してませんか??

 

僕も、会社を辞めるまではこう考えていました。

 

「お金がないと生きていけないから仕事をしているんだ」

 

しかし、イケハヤさんのお金の考え方にめちゃくちゃ共感してよく考えた結果、

 

「このままずっと仕事を続けても幸せにはなれない」

 

そう感じて会社を辞めました。

 

僕が、会社を辞めるきっかけの一つになったイケハヤさんのお金の話をしたいと思います。

 



スポンサードリンク

プロブロガー・イケダハヤトさんのお金の考え方

プロブロガーのイケダハヤト君は、東京郊外に住んでいて外食もほとんどしないため、生活にかかるコストが少なく、15万ぐらいの収入があればいいのだと言う。

じゃあ15万円を稼ぐためにはどういった仕事をすればいいかというところから始めて、彼はブログの広告収入を得る、という手法を選んだ。

一日に記事を数本書いて、広告収入でだいたい月15万円ぐらいになる。

この最低ラインをキープできれば、残りの時間は本を執筆する時間や、読書の時間、家族と過ごす時間などに充てることができる。

ぼくはその話を聞いて、すごく面白いなと思った。

お金はあればあるほどイイという人が多数だとばかり思っていたから。

もっと稼ぎたい。もっといい暮らしがしたい。

給与が3040万、50万、と上がるにつれて、生活水準もあげたい。

でもイケダくんの発想は、まずは最低限、自分が幸せだと思える生活維持コストを知って、そこからどう働くかを逆算するというものだった。

〜お金が教えてくれること マイクロ起業で自由に生きる〜 著者:家入一真 より引用

 

幸せと生活にかかる最小公倍数を求める

自分の生活にかかる最低限のコストと、幸せだと思える生活基準を見極めて、自分の働き方を考えてるんですよね。

 

僕たちは、今までお金があればいいと思っていて、とにかくお金を稼ぐことに必死になっていたと思います。

その結果、仕事からのストレスで自分を見失ってしまったり、家族に当たってしまったり、結果として毎日が辛くなっているケースが多いんじゃないかと思います。

この働き方って本末転倒ですよね??

 

幸せになりたくて、お金を稼いでいるのに、結果的に毎日が辛くなってしまっている

気づくと僕たちは、

目的を履き違えているんですよね。お金を稼ぐことが目的になってしまっている

 

自分の生活にかかる最低限のコストを知ることから始めよう。

僕の現在の生活にかかる最低限コストは10万くらいでした。

岡山の田舎なので、イケハヤさんと比べるともう少し安いですね。

 

これって、つまり正社員じゃなくても全然生きていけるってことだったんですよね。

 

僕は、会社勤めをしていて、適応障害になりました。

盲目的に今の会社でずっと働き続けなければいけないと思っていましたが、そんなことありませんでした。

 

自分の最低限の生活コストを知ることで、あなたの今のモヤモヤが晴れるかもしれません。

 

お金のために働くのではなく、幸せのための働き方を考えてみましょう。

 

今回の記事は、こちらの本からのアウトプットした内容です。

お金にまつわる内容は難しい本が多いですが、家入さんが体験談を交えてわかりやすく伝えているので、超オススメです。

ぜひ、読んでみてください。

 

 

The following two tabs change content below.
やぶなお
「趣味をお金に変える」をテーマに発信しながら倉敷美観地区の「オーガニックカフェSoil」で働く24歳ブロガー/ブログ4ヶ月目35,000PV、収益8千円/ブログではライフスタイル、ブログ運営、小鳥情報を発信/将来の夢は小鳥カフェを作ること 詳しいプロフィールはコチラ!









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

やぶなお

「趣味をお金に変える」をテーマに発信しながら倉敷美観地区の「オーガニックカフェSoil」で働く24歳ブロガー/ブログ4ヶ月目35,000PV、収益8千円/ブログではライフスタイル、ブログ運営、小鳥情報を発信/将来の夢は小鳥カフェを作ること 詳しいプロフィールはコチラ!