iPhone使ってる人はみんなMacBookを買ったほうがいい3つの理由




どうもやぶなおです!

 

突然ですが、

みなさん、まだWindows使ってるんですか??

 

僕は、今MacBookを使っています。

iPhoneとの連携が便利すぎて今までなんでWindowsだったんだろう?と感じるくらいです。

 

今回は、そんな僕がiPhoneユーザーにMacBookをオススメする理由を紹介します。

 



スポンサードリンク

MacBookにすればUSBもSDカードもいらない

MacBookにはAirDropという機能があります。

こいつが便利すぎるんです。

 

AirDropとは

近くにいるiPhoneユーザーに写真やビデオ、ファイル、連絡先などを無線で送信できる機能です。

 

つまり、iPhoneの中のデータが一発でPCに送れるようになります。

今までは、クラウドにあげたり、そもそもiPhoneの写真ってどうやってPCに送るんだ?って方もいらっしゃったかと思います。

 

MacBookならiPhoneから送りたいデータを選択して押すだけ。

↓こんな感じのボタンがアプリ使ってるとよくありますよね。

ここから簡単にAirDropで送ることができます。

 

もちろん、MacからiPhoneへデータをAirDropで送ることもできます

 

iPhoneで見ていたサイトをMacでもすぐ開くことができる

Safariが常に同期しているので、iPhoneで見ていたサイトをすぐに開くことができます。

 

やり方は簡単。

Safariを開いて、右上の□が重なっているボタンを押すだけです。

現在、iPhoneのSafariで開いているタブが全て表示されます!

 

iPhoneの使い勝手そのままで使用することができる

iPhoneって直感的で使いやすいですよね。

MacBookも同じように直感的に使用することができます。

 

個人的にめちゃくちゃいいと思ったのが、

トラックパッドでの操作性

・二本の指でスライド→ページの戻る、進む

・三本の指でスライド→アプリ間の移動ができる。例:Safariからツイッターへ

 

この二つがあるだけで操作性がグンとアップします。

Windowsみたいに左上にポインタを持って行って、いちいち戻るボタン押さなくていいし、

画面下にポインタを持って行ってタブの切り替えをする必要も無くなります。

 

結構多い動作だけにかなり効率が良くなるんですよね。

 

細かい便利な連携機能

他にも細かい便利機能としては、

・iPhoneにかかってきた電話をMacで取れる

・Macで書いたメモをiPhoneで簡単に開ける

・ユニバーサルクリップボードを利用して、デバイス間でコピペができる(Macでコピー→iPhone貼り付け)

・iPhoneの画面をMacに簡単に録画できる

などなど連携機能がかなり豊富です!!!

 

また、MacBookは軽いのでどこでも使えます。

今、僕はこの記事をソファに座りながら書いています。

 

正直、iPhone関係ないですが、軽いのでどこでも使えるのが超便利です。

iPhoneに関連づけるとすれば、外出先でもiPhoneでテザリングしながらネットに接続して使えるのでどこでも作業できます。

 

iPhoneはポケットに入れたまんまでもデザリングをすることができます。

 iPhone側:インターネット共有をオンにしておく

 Mac側:Wi-FiからiPhoneを選ぶだけ      

 

以上が、僕がWindowsよりMacBookをオススメする理由です。

MacBookの選び方についての記事も書いているのでよかったら見ていってください。

 

The following two tabs change content below.
やぶなお
「趣味をお金に変える」をテーマに発信しながら倉敷美観地区の「オーガニックカフェSoil」で働く24歳ブロガー/ブログ4ヶ月目35,000PV、収益8千円/ブログではライフスタイル、ブログ運営、小鳥情報を発信/将来の夢は小鳥カフェを作ること 詳しいプロフィールはコチラ!









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

やぶなお

「趣味をお金に変える」をテーマに発信しながら倉敷美観地区の「オーガニックカフェSoil」で働く24歳ブロガー/ブログ4ヶ月目35,000PV、収益8千円/ブログではライフスタイル、ブログ運営、小鳥情報を発信/将来の夢は小鳥カフェを作ること 詳しいプロフィールはコチラ!